« May 2013 | Main | April 2014 »

June 2013

サイクリング

昨日が「山」なら今日は「川」ということで、淀川です。
今日はサイクリングに使える時間が90分しかなかったので、走り始めて45分したら引き返すということで走りました。自宅を出て、安威川の河川敷、中央環状線経由で淀川河川敷というルートです。


90分で30kmとサイクリングというより、やはりポタリングですね。

P1150793
今日のトピックはホイールです。MAVIC R-SYSです。軽量でどちらかというとヒルクライム向きのホイールなので、昨日、これを履かずに、今日、履いているのはどうしたものかと。
自転車のグレードに詳しい方ならば、フレームとホイールのアンパランスなところは笑えると思います。
ただ、平坦でも十分よく走ってくれます。

途中で撮ったか写真を何点かご紹介です。

P1150795
安威川です。最近まで背切れ寸前というところでしたが、さすがに今日は水量は豊富でした。


P1150794
その下流側。この河川敷を走るのですが、遊歩道の舗装の荒れようは、パリ・ルーベを走っている雰囲気にさせてくれます(ってパリ・ルーベを走ったことはないのですが)。ここはじめてR-SYSを履いては走りましたが、カーボンスポークの効果か振動吸収が良く、Racing7 なんかよりも快適でよく走ってくれたのは、驚きでした。よく走るからとそれなりにペースをあげるとエンジンがすぐにへたってしまうのは情けなかったです。


P1150790
川とは関係ありませんが、新幹線の鳥飼車両基地です :D

P1150791
淀川です。ここで45分経過だったので写真を撮って引き返しました。


P1150792
アップにしてみると梅田のビル群が見えています。

帰りは少し雨に降られながら、帰りました。
たった30kmですが、久しぶりに土日とも自転車に乗ることができたのには満足しています。このペースが維持できると良いのですが :D

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山岳ポタリング

このことろ、全くと言っていいほど自転車に乗れていなくて、乗らないと乗れない体になる。走れないと走ってもあまり楽しくないという負のスパイラルに入りつつあるのですが、これはいかんと心機一転、近所の山を走ってきました。サイクリングというにはお粗末なペースなので、山岳ポタリングです :D

コースはこんな感じです。

一応、5回ほどのぼり、55km走って、獲得標高は900m程度です。

ポタリング中の様子を順にご紹介です。
P1150760
一山こえて、亀岡にはいって安威川の上流です。写真とは関係ありませんが、最初の上りでコンポが9790Di2の人を追い越しました。電動シフトだと快適にシフトできて、最適ケイデンスでまわせるので上りでも有利だと思うのですが、インナー・ローに入れてしまえばシフトのしようもないし、ただ電池が重いだけですね。それでも欲しいけど :p

P1150761
自転車とは関係ありませんが、ここの道路を拡幅するのにこの淵の上にある木がばっさり切られてしまい無惨なコンクリート吹き付けになりました。河川環境を守るのに、ちょっとぐらい車が走りにくくても我慢するなどということはないのでしょうね...orz


P1150762
清阪峠に入るあたりです。これも自転車と関係ありませんが、右側の山が安威川ダムの原石山になるかもしくはごく近傍のはずです。

P1150763
清阪峠あたりです。手入れされている竹林は気持ちよいです。

P1150764
清阪峠の頂上付近

P1150765
いったん坂を下って、今度は泉原の上りです。写真でも急勾配の雰囲気は伝わりますか?


P1150766
泉原からの眺めです。特に何がどうだということはありません。のぼりに疲れて止まりたかっただけかも :p

P1150767

標識が隠れてしまって(道路管理者の方、お願いしますよ)、見えませんが、12%です。

P1150768
泉原から下って、今度は勝尾寺に向かってのぼります。途中の景色です。


P1150769
勝尾寺に到着し、

P1150770
峠をこえて、箕面に下ります。

P1150773
いつもは渓流にも目もくれず、下るのですが、今日はポタリングなので自転車を止めて写真を撮ってみました。

P1150780
もう1枚 :D

P1150782
箕面からの眺めです。画面中央付近に太陽の塔が写っているのがわかりますか?

亀岡付近でサイクリング中に動画も撮ってみました。
前半は50km/hぐらいで頑張っています。後半は30km/h程度でノンビリです。両手でカメラをもっているので安定していると思います。もちろん、カメラはストラップでぶら下げていつでも放してしまうことができるようにしています。この程度なら自転車乗りの常識として、このまま走りながら着替えができるぐらい安定はしているのですが :D

と、帰宅して偉そうにブログを書いていすが、実はヘロヘロ君です。それでも久しぶりにそこそこの強度で自転車に乗って、やはり楽しいなと :D

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2013 | Main | April 2014 »