« June 2012 | Main | August 2012 »

July 2012

WSBへ

久しぶりにウォーターステーション琵琶まで自転車ででかけてきました。

ひウォータステーション琵琶はこのブログをご覧戴いている方はおなじみの方が多いと思いますが、琵琶湖河川事務所が管理する「住民連携の拠点」大津市の南郷(正確には黒津)にあり、ここを使った仕事を請けている関係でスタッフはうちの副業先の社員てす。私も時々、お邪魔していますが、今回は自転車で走りたいだけというところで行ってきました。

総走行距離は120km強でした。



ルートはこんな感じです。帰りにまんま亭にお邪魔して昼ご飯と考えたのですが、途中でハンガーノック気味になったところで、宇治田原にコンビニがあり、そこで補給したのと結構な暑さだったので、暑さにやられてしまうかもと思ったので、京田辺から南下せずに、帰宅しました。結果、正解で淀川にたどりつく頃にはヘロヘロ君でした。あのまま奈良に行ってたら帰れなくなっていたかもしれません :p



では、道中、撮った写真をご紹介します。


Aigawa

安威川です。亀岡で相当降ったとのことでしたので、こういうことになっていたのでしょうね。上段が午前7時頃。遊歩道も冠水しています。会社まで行くのにこの遊歩道を走ってパリ・ルーベ状態になったのも理解できると妙に納得しています。下段は帰りの午後3時頃。かなり水位が下がっているのがわかると思います。

120715hdr02
枚方大橋からみた淀川です。ゴミなどもたくんさん流れています。ちなみにこの枚方が淀川の治水計画上の基準点。ここから下流は淀川大堰の背水区間でもありますが、この時点では流れが十分認識できました。

120715hdr04
樟葉のあたりです。日頃の様子をご存知ないと分かり難いかもしれませんが、日頃とは全然違います。ワンドも完全に冠水しています。


120715hdr11
三川合流を下流から。左側が桂川で、ここから濁流が流れてきているのが分かると思います。右側が宇治川と木津川が合流した流れです。写真右側のオレンジ色のものは、大阪市の豊野浄水場につながる樟葉取水場の取水口の構造物。ここからつながる豊野浄水場は大阪市の水道の給水能力の1/5程度の能力があるそうです。

120715hdr06
合流点を左岸側から。水の色が違うのがわかると思います。自転車はここまでは河川敷の緊急河川敷通路を走ってくるのですが、三川合流付近に堤内地にでるための舗装されたスロープがありません。ロードで行く時はここで車道にでて堤防天端の道路を行きます。

動画の方がつたわるかと、すこし撮ってみました。

120715hdr07
御幸橋からみた木津川です。水はきれいだし水面も静かなのが分かると思います。ここから宇治川沿いに走りましたが、このあたりから雨が落ちてきました。結局、平等院の手前までスコールのような雨の中を走ることに。
レースのようにタイムを詰めないといけないなどの制約がなければ、雨の中を走るのも悪くありません。天気予報を信じればそのうち晴れると分かっていたし。で、天ケ瀬ダムのあたりまで行くと路面も濡れていませんでした。

120715hdr08
さて瀬田川洗堰までやってきました。この写真の時の放流量は150m3/sだそうです。

P1150269
この流量だと左岸(写真のすこし右側)のバイパスゲートからも結構な流量で流れているのがわかります。


P1150271
ウォータステーション琵琶に到着です。☆さん特性のバイクラックです。

120715hdr09
宇治での雨は何だったんだと思うようないい天気です。150m3/sだと接近流速も小さく水面も比較的穏やかです。

120715hdr10
その後、まんま亭に行ってみるとかと、宇治田原経由で京田辺にでましたが、先に書いたとおりあきらめて帰宅しました。写真は木津川のサイクリングロードを走っている時には渡ることがない、山城大橋から見た木津川です。河床が砂主体なのがわかると思います。河床変動が激しいのと、上流ダム群で流砂量がカットされているため、河床低下がよく問題にされています。

ということで、なんとか自宅にたどりつきました。自転車のブログのはずが、川のブログになってしまいましたが、「副業」が河川屋なので許して下さい :D

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MR4Fを会社へ

メンテにだして調整が完了した社用車のGIANT MR4Fを会社にもっていきました。

自転車を運ぶのだから、当然と言ったら偉そうですが、自走です。コースはこんな感じで。

安威川の河川敷を走りましたが、この高水敷の舗装。経年変化でガタガタです。これはパリ・ルーベの練習か?なんて思いながら走っていたら、昨日までの雨のおかげで、けっこうな水たまりというか、泥の池が何ヶ所かできていました。その区間を抜けたらバイクも脚もドロドロで、ほんとにパリ・ルーベを走ったみたいになりました。
R1143922

その後は安威川から中環を少しだけ走って、淀川の左岸高水敷をとおって、淀川大堰から市内を南下しました。途中の景色を何点かご紹介します。

120708hdr11
大阪車両所、通称 鳥飼基地です。残念ながらこの方面には明るくないので、この車両がどうしたとか蘊蓄をたれることはできません :p


120708hdr12
もう淀川まで来ました。菅原城北大橋、通称100円橋と城北ワンドです。ワンドには固有の番号がついているのですが、すっかり忘れました。「このワンドを保全するための補助金制度があったとすると、あなたなら月いくら払いますか?」って聴くのが主たる副業だったりします。

120708hdr13

同じ場所から上流側のワンドをみたところです。


120708hdr14

もう少し下流まで走ったところ。淀川大堰が見えています。とりたてて言うほどの理由はないのですが、この景色が結構好きです。

120708hdr15
南森町を過ぎて大川まできました。京阪の天満橋駅とOMMビルが見えています。

R1143947

ちょうど水上バスがUターンしていくところです。


R1143954
雲の中に、伊丹空港にアプローチする飛行機が写っているのがわかりますか? 飛行機と船を同時におさめたつもりです。少しタイミング遅れてしまいましたが :D

R1143955

理由は知らないのですが、こんな放水もされていました。


120708hdr17
無事に本町にたどりついています。今日は本当に良い天気でした。

いつ誰がのったせいでそうなったのかわからないのですが、社用車のMR4F、泥がシフトワイヤーに入ってしまって、シフト不可になっていたのを、修理に出して掃除もしてきれいな状態で会社にもっていくはずが元の木阿弥。週明けに会社で自転車メンテということになるかもしれません :p


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »