« 嵐山へ | Main | パンク修理 »

MR4Fのメインテナンス

副業先のGIANT MR-4F。修理後、GWに入ったためまだ自宅にあります。このバイクで少し走ってみようと思ったのですが、どうしても気になるところだけいじってみました。

■ボトルケージ
まずはボトルケージ。これがないとそれなりの距離を走るのに水分補給できません。
R1143354
このバイクのダウンチューブにはこうやって空気入れ用のアタッチメントがついていたのですが、割れてしまって用をなしません。

R1143353
アップにするとこんな感じです。それにしても GXR + GR LENSはアホみたいに写りますね :D


R1143355

意味のない空気入れ用のアタッチメントははずしてボトルケージをとりつけました。


R1143359
ダウンチューブの形状から寸法に余裕がなくPolarの大きい方のボトルを入れると、ヘッドチューブにあたってしまいますが、まぁ、なんとかこれで使えます。

■ペダル
次にペダルです。山を走ろうと思うと引き脚が使えないのはつらいです。それに、ビンディングペダルに慣れているので、ベダルと靴が固定されていないと少し怖いのです :p

R1143356

標準のペダルはこういう、通称「平ベダル」がついていました。

R1143357_2

ペダルの脱着にはこれが必要です。ペダルレンチはなくても普通の15mmのスパナでもかまいませんが、それなりのアームがあって、小さな力でも一定のモーメントが期待できるものが楽です。グリースは必要です。シマノのDura-Aceのグリースですが一つ買えば、私がするぐらいのメンテでは長持ちしています。
ペダルのネジは左側のペダルは逆ネジなのでご注意を

R1143358
手持ちのSPDペダルをつけました。自転車の師匠のHさんからもらったものです:D

■ハンドル
そして次はハンドル。標準では私の感覚ではハンドルが長過ぎて、腕が開いてしまいます。少しだけカットしました。


R1143360
写真は撮っていませんが、ブレーキレバーとシフトレバーを緩めて内側においやって、グリップを抜いて、こうやってバイプカッターで切ればいいだけです。グリップを抜くにはお店ではコンプレッサーで空気を入れながら抜いておられますが、そんなものがない人は、ハンドルとゴムの隙間にパーツクリーナーを注入すれば、スポッと抜けます。


R1143361_1
15mmほどカットしました。

R1143378
比較対象がないので、わかりませんが、これでかなり乗りやすくなりました。私の好みそののだとあと10mmは詰めたいのですが、みんなが乗るバイクなのでこれぐらいでやめておきます。

そうそう、ペダルは副業先に持って行く時には、平ペダルに戻しておきます。


|

« 嵐山へ | Main | パンク修理 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MR4Fのメインテナンス:

» フジテレビアナウンサー三田友梨佳アナ【ミタパン】大学時代のヌード動画 [人気アナウンサー三田友梨佳チャン ヌード]
三田友梨佳アナ【ミタパン】ヌード動画 [Read More]

Tracked on May 02, 2012 10:34 PM

« 嵐山へ | Main | パンク修理 »