« Fulcrum Wheel | Main | 嵐山へ »

ハンドル高さの調整

会社の現地調査用のバイク、MR-4F。メンテから帰ってきて、GIANTつながりで私のバイクと記念撮影して再確認したのですが、やはりハンドルの位置が高いです。これでも角度を変化させることができるステムを一番下げてこれですから、ロード乗りに私にとっては、ポジションがでていなくて、少し距離を乗るとしんどいのです。
Dsc02588

角度が可変なんだから、もう少しハンドルを下げても、ママチャリしかのったことがない人ものれるということにして、ハンドルを下げることにしました。
以下、アヘッドのステムの場合はこんな風に交換というご紹介です。


Dsc02589
MR-4Fのステムはこういう可変ステムです(角度が変えられるということ)。少し普通のタイプと違います。

Dsc02590
普通のステムの場合はこんな感じで、ネジを緩めます。

Dsc02591
プレッシャープレートも緩めると...


Dsc02592
こんな感じではずれます。

Dsc02593
ステムをいったん抜いて、高さを下げたい分のコラムスペーサーを抜きます。


Dsc02594
ステム、スペーサーの順にもどしてやって


Dsc02595
プレッシャープレートをかぶせて、ホイールのセンターとステムのセンターをあわせてたら、締め込みます。力任せに締込むと壊れてしまうので、ある程度反力があるところから、半回転ぐらいでいいそうです。
その後、サイドのネジもとめてできあがりです(写真撮り忘れました :p) 。


Dsc02596

これでハンドル高さを好みの位置にできました。

ステムは主要部品なので、自信がない人はショップで調整してもらう方がいいと思いますが、ステムの高さを変えて最適なポジションを探ることもできると思います。


アヘッドの場合は、あまったステアリング・コラムが飛び出しすぎると格好悪いし、かといって切ってしまうと、もう元には戻せないので、ちょっと悩みますね。


|

« Fulcrum Wheel | Main | 嵐山へ »

趣味」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハンドル高さの調整:

« Fulcrum Wheel | Main | 嵐山へ »