« April 2011 | Main | June 2011 »

May 2011

Magic Mouse

MacBookAir用に使っていたマウスを新調しました。MightyMouseを使ってきたのですが、ボールの部分の接触が悪くなってきて、そろそろ寿命かなと。BootCampでWindowsを走らせた時に使ってきたMicrosoftのマウスも動作不良で。いよいよ買い替えに踏み切りました。

MacBookAirをOS Xで使っている時はトラックバッドも良いし、むしろそちらの方が快適なのですが、副業先で使う場合には、ディスプレイや親指シフトキーボードをつないでいるので、マウスが必要です。外付けのトラックバッドもいいのですが、持ち運ぶのが前提のMacBookAirのポインティングデバイスとしては少し大きいので、ここはマウスにすることに。で、ものは、MagicMouseです。
Img_1356

Magic Mouseを、まずはOS X で設定。あっけなく使えました。次はBootCampでWindows7を立ち上げて設定に。"Bluetoothでバイス"でMagic Mouseとのリンクを確立しようとしてもできません。そもそも、Windowsを走らせている時にトラックバッドが使いにくいのが、Mouseを買った理由なのに、Windowsで使えなければ意味がありません。ちょっとググってみると、追加する前に、Bluetoothのダイアログでマウスのアイコンを右クリックして、プロパティで"サービス"の"キーボード、マウス、その他用のドライバー"を選んでおくのが、ポイントだったようです。これをやれば、ちゃんと認識してくれました。
Windowsでつかうと、MagicMouseの横スクロールができないなどの、制約はあるものの、通常のポインテンィグデバイスとして使うには十分です。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

嵐山へ

時間があるうちに乗っておこうと今日もサイクリングです。自宅を出発していつものヒルクライムコースをのぼって、豊能町から亀岡へ。老の坂経由で桂川経由で嵐山というコースです。帰路は桂川、淀川で、総走行距離はちょうど100kmでした。

e-metersのログです。このところよく走っていて、足に疲労がたまっている割に、走れました。


110503hr
心拍計のログ。速度センサーの調子が悪くて、なんども速度が0になっていますが、実際にはこんなには止っていません。

110503_arashiyama_1
京都学園大学。他にもっと亀岡らしい景色もあると思いますが、私にとってはこの大学も亀岡を感じさせるかなと。

110503_arashiyama_2
老の坂をこえて、桂川にやってきました。松尾橋です。橋の上も下も混雑しています。河川敷はほとんどの人がバーベキュー。これだけ混雑していても楽しいのかな?

110503_arashiyama_3
渡月橋もこの混雑ぶり

110503_arashiyama_4
一の井堰の湛水面もこんなにボートが。

GWの嵐山に行っても人ばかりという、当たり前の事実を改めて確認しに行ったようなものでした。
ここからはTT状態で御幸橋をめざしました。と言ってもメーター読み30km/h程度です。スピードセンサーの調子が悪いので、ケイデンスを90rpmに固定したので、50T×19Tで23Cのタイアなら理屈上29.8km/h のはずなので。

110503_arashiyama_5

御幸橋です。旧橋の撤去工事はなかなか終わらないようですね。

110503_arashiyama_6
御幸橋からみた木津川の下流側。この河川敷も松尾橋と同じように、バーベキューで混雑しているようてす。春に来たら桜がきれいやったろうなと。


110503_arashiyama_7
写真では位置がわかりませんが、関西医大前までまたTT状態で。途中、子ども同士が自転車で競争しているのにでくわしてしまい、全員をあっと言う間に抜きさったら、「はやっ!」と子ども達に驚かれてしまいました。子どもに勝ってどうする?というところですか、子どもぐらいしか勝てるのがいないので許してください:D
で、この写真をみて、@kintrooさんからは、「スタンドもないんか、その自転車は」とコメントいただいております。スタンドはありませんが、ツール7連勝の歴史はあります。って私が勝ったわけでもなんでもないけどね。

連休にはいって今日で470kmほど走りました。けっこう疲れがたまっていますが、このMadoneはつかれてからの進み方が違うといつも思います。フレームの性能で進み方が違うというのも不思議な気はしますが、事実そう感じるのが不思議です。

今日はヒルクライム2回入りの100kmだったので、先日、まんま亭にお邪魔した120kmライドよりも足にはきているというところです。明日はそれほどのれませんが、5日は @imoclxさんと走る予定なのでそれなりの距離になるかもしれません:D


| | Comments (0) | TrackBack (0)

まんま亭へ

会社を休んでサイクリング。どこに行くか、ちょっと悩みましたが、まんま亭が営業されているとお聞きしたので、淀川、木津川沿い経由でまんま亭にお邪魔してきました。

110502hr1
往路のLOGです。10km付近から淀川で、25kmが御幸橋、50km付近が泉大橋。当たり前ですが、上流に向かって標高が高くなっているのがわかります。おおざっぱに計算すると、1/870くらいの勾配。河川屋やさんなら、この表記でよいですが、道路風にいうと0.1%、どちらかというと鉄道風に1‰と書いた方がよいくらいの勾配ですね。
お昼はカレーをいただく予定なので、「心拍あげて言ったら食べられへん」と思ってZONE3におさまるように走りました。

110502_manmatei01
自宅から淀川にタッチする付近。三島江付近です。淀川河川レンジャーのSさんが活動されている場所でもあるはすです。黄砂で視程はかなり悪いです。

110502_manmatei02
枚方大橋から上流側。水は少し濁り気味ですが、瀬田川洗堰の放流量は100m3/s程度で、まぁこんなもんかというところですね。

110502_manmatei03
御幸橋付近です。いつも川ばかり撮っているので、たまにはと思い、八幡さん方向です。

110502_manmatei04
流れ橋

110502_manmatei05
山城大橋の下流側。橋自体も写っているのですが、黄砂のためにぼやけています。

110502_manmatei06
玉水橋付近から。画面真ん中付近が大正池へののぼりのコース。今日はそちらはやめときました。


110502_manmatei07
泉大橋付近で木津川から分かれて、奈良方面へ。さすが支川の名前は知りません。

110502_manmatei08
GW中で混雑する道を抜けて、まんま亭に到着です。

110502_manmatei10
お店の中をちょっと変わった雰囲気で。

110502_manmatei09
今日はビーフカレーをいただきました。2日前に引き続き食べる前に撮影しました。ご本人からのご指摘もありまして、「うちの姫」のお達しで食べる前に撮影です。おいしくいただきました。

110502_manmatei11
まんま亭はカレーは当然のようにおいしいのですが、コーヒーもいけます。おいしかった・・・

110502_manmatei13
しばらくお邪魔して、いつものコース(ほとんど来た道と同じ)で帰り道です。
樟葉のわんど付近です。黄砂の影響でこんな感じです。

110502_manmatei14
さきと同じシーンをHDRで合成してみるとこんな感じです。HDRの本領発揮ですね。ただまだ試用版 :p


110502_manmatei16
いつも休憩する関西医大前です。堤内側をみています。スーパー堤防区間なので1/30程度で転んでいるはずです。写真ではわかりにくいけど。

110502_manmatei24
のんびり走っていたら、帰宅はこの時間。黄砂で不思議の日没だったのですが、写真ではうまく表現できません。

ということで、本日の走行距離118km。昼食のカレーを食べるにはそれなりの走行距離でした。
ありがとうございました。@manma3、@manma_mama さん。

GW中はもう少し走れるとうれしいなと思っていますが、どうなりますことやら・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

チャリティライドin奈良

4月30日にチャリティライドin奈良に参加してきました。東大寺をスタートにTOJ奈良ステージの近くまでツーリングという企画で、参加費の一部は日本赤十字社に寄付とのことでした。チャリティ主体に考えて参加したのですが、参加してみると豪華メンバーの参加者に楽しい企画で、普通の有料イベントとして開催れても参加したくなるような、楽しい企画でした。

Charityrideinnara01
今回は奈良まで自走していくことにしました。9時から受付開始とのことなので6時には家を出る事にしました。ふと東の空をみると朝焼けが綺麗だったので。

Charityrideinnara02
チャリティライドから脱線気味ですが、先の画像はHDRで、RAWから現像したのはこんな感じです。

なんとなく時間がきになるので、TT状態で淀川、木津川と河川敷道路とサイクリングロードを踏んでいきました。


Charityrideinnara03
急いで走ったかいもあって、思ったよりはやく、東大寺に到着です。

受付をしてボーッとしていると、まんまさんご夫妻、TREK JAPANの野口さんなど、面識のある方々も集合。募集要項にも案内のあった辻善光さんや、辻浦圭一さん、絹代さんも集合。他には豊岡英子さんも登場で豪華メンバーなのにビックリ。

Charityrideinnara07
Charityrideinnara04
まずは東大寺と大仏様の説明をきいてた、上で被災者の方へのお祈りを

Charityrideinnara06

お話いただいたのは、東大寺の上司永照さん(正式な役職聞き逃した。ごめんなさい)。こんな感じでお話をききました。ご自身もサイクリストとのことでした。
このあたりのお話の概要は、JCAのサイトで土肥志穂さんがレポートされているので、そちらをご参照いただければと思います。

Charityrideinnara05
また、写真のことで脱線ですが、上の写真を普通に撮影するとこういう厳しい光線状況。桜に露出をあわせると、室内の皆さんが真っ黒になっているのをHDRで室内を明るく補正してみました。神妙にお話きいておられる、野口さんや辻浦さんの表情も写っているのがわかると思います。

お祈りをした後、あおはに自然学校にむけてツーンリグです。
走り始めてしばらくは、辻浦さんがゆっくりと先導される集団にいたのですが、その後、ウィンドブレーカーを抜ぐのに立ち止まっていた野口さんが結構なスピードで集団をパス。よせばいいのに、それに反応して、前を走っていた、まんまさんたちもパス。「坂、嫌いやて言うてたやんか〜」との声に送られながら、ペースアッブ。野口さんからは「富士ヒルの練習しますか」と。そのまま数分はついていけましたが、その後は売り切れ。野口さんが思いっきり手加減して下さったので、一緒に頂上へ。
途中で大臀筋を有効に使う事の大切さなどをレクチャーしてもらいながら走りました。頂上でもみなさんを待つ間、大臀筋を鍛えるためのスクワットなど、贅沢な個人レッスンでした。

Charityrideinnara08
その後は身の程を知って、大人しくみなさんと一緒に、あおはに自然学校へ。ここで昼食です。

Charityrideinnara09
昼食はカレー。おいしくいただきました。食べ終えたお皿ではなく、食べる前の写真を撮っておくように某方面から指導が入っていましたので、今回は忘れずに撮りました。

Charityrideinnara10
自転車パン。ちょっとかじった状態でごめんなさい。自転車パンと言ってもパンの形がホイールの形なっているとかそういうことでなくて、具が普通の倍は入っていてカロリーが高い、最初からうすくつくってあって、サイクルジャージのポケットに入れ易いと、実用的な意味での自転車パンです。味もよかったです。


Charityrideinnara11
そのゲストハウスはこんなところです。360度パノラマ撮れば分かりやすかったのにと今頃思い出しましたが、後の祭り。

Charityrideinnara12
昼食後は辻選手が先導で、TOJ奈良ステージの布目ダムの周回をする班と、あおはに自由学校の周辺に辻選手、豊岡選手、まんまさんが主体でつくられたMTBコースが完成間近になっているので、その見学をする班に分かれました。私は布目ダムは、水質解析のつらい思い出がよみがえるのがイヤなのと^^; おもにこれ以上足を使うと自宅まで帰れないかもしれないという危惧があったので、MTBコースの見学に。
写真はそのMTBコースの付近ののどかな様子です。

Charityrideinnara13
コース自体はかなりテクニカルで素人が走ろうとしても、担ぎ、押しが大半になるのではという感じでした。ここを辻浦選手、豊岡選手、野口さんが走られるのを見学しました。
スタート地点の、「こんなとこ乗ろうと思うやつおらんやろ」というようなところと、コース終盤のテクニカルな箇所でのプロの走りを動画におさめておきましたので、YouTubeをご覧いただければと思います。

その後、奈良市街地にもどり、自由解散でした。下りも楽しむことができました。
解散後は副業先で実施中の奈良市内の社会実験の現場を冷やかして帰路につきました。
往路は一人でしたが、帰りは@tumetter_1975 さんと木津川サイクリングロードを一緒に。@tsumetter_1975さんはアレックス・モールトンなので、山崎駅からは輪行でとのことだったので、その後はR171を自宅まで。この間、車道をそれなりのスピードで走らざるを得ないので、最後の20kmが結構こたえました。

というわけで、楽しい一日を過ごすことができました、発起人のお三方、スタッフの皆さんをはじめ、参加のみなさま、ありがとうございました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »