« 引き続きCyclingというかポタリングかな | Main | ポタリング in 美山 »

Shoes

仕事用の革靴よりも重要という訳で、ロード用のシューズをゲットしました。
R0010637
日曜日に一条サイクルの吹田本店にお邪魔した時に、格安になっていたシューズ。Bontrager Race X Lite Road Shoesです。在庫限りの特別なお値段だったそうですが、たまたま私の足に会うサイズもありました。帰宅して奥さんに相談したら、「その靴買うのはええけど、仕事用の靴はどうすんの?」と:p 仕事用の靴ではロードには乗れん。と、訳の分からん理屈で、早く副業先を退散したのをいいことにゲットしてきました。

まだ、クリートもつけていないぐらいで、履いて自転車に乗ってはいないので、なんとも言えませんが、履いてみた第一印象は"履き心地抜群"です。アッバーの柔らかさが絶妙で、日本人に多いという甲高の私の足にもピッタリきますし、ピッタリでも痛くありません。ソールは当然のようにカーボンソールなので、剛性は高いに決まっているしで、週末に乗ってみるのが楽しみです。

今までSPD-SL のクリートをつけていたNIKEのシューズ。今ではNIKEが自転車用のシューズをつくっていないので、これ自体が貴重品なのかもしれませんが、生産の年代が古い事もあって、SPR-R用の穴もあいています。SPD-R(PD-7701)の在庫があるので、これを"OCR改"に移植しようという魂胆です。"OCR改"は現時点ではPD-A510という随分昔の片面ビンディングのSPDペダルを使っています。ロード用のペダルと比べると踏面の狭さというか、点で踏んでいる印象でどうも気に入りませんでした。たとえカーボンソールのMTB用のシューズで踏んでも点で踏んでいるのが如実にわかって、どうもなぁ・・という感じ。

SPD-Rに交換すれば、かなり改善されるのではと期待期待しています。SPD-RはSPD-SLに比べると踏み面が狭いのと、ステップインが多少しにくい、何よりランス・アームストロングが嫌っていたのが難点ではありますが、普通に練習に使うなら十分だと。PD-7701が現行機種だった時、ランスは前モデルのPD-7401を使い続けていて、メカニックはアメリカ中の在庫を探していたというのは有名な話。その後のSPD-SLの開発名は"PDランス"。ツールの連覇を続けるライダーが廃盤ペダルを使っていたのではシマノの面目まるつぶれですよね。リリースされたSPD-SLはランスも絶賛で、インタビューで「こんなにすばらしいペダルを作ってくれたシマノに感謝している」と言っていました。2003年のツール、Luz Ardidenの上りでそのペダルがはずれて、落車しそうになったのは、見なかったことにしておきます。

と、靴を買っただけで随分、講釈が長くなりました。靴に笑われないように自転車乗らないといけませんね:D

|

« 引き続きCyclingというかポタリングかな | Main | ポタリング in 美山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Shoes:

« 引き続きCyclingというかポタリングかな | Main | ポタリング in 美山 »