« 12-21T | Main | ブレーキシュー交換 »

木津川〜奈良へ

久しぶりに @imoclx さんとサイクリング。目的地は奈良の高畑にある、@manmatei まで往復して、つらく楽しい時間を過ごして来ました。

自宅から全部自走するか前日まで悩んでいたけれど、朝の出発が遅くなったのと、そもそも最近の走れていない状況から、集合場所の三川合流駐車場までは車で行く事に。

@imoclx さんに合流すると、バイクのホイールが、
Img_0715
こんなことになってはります。キシリムウ SRです。MAVICの高性能定番ホイール、キシリウムの後輪の反フリー側だけカーボンスポークにして、キシリウム史上最軽量ホイールに仕上がったモデル。私のR-SYS(無印)と比べても50g重いだけで、前輪の空力性能はキシリウムそのもののという強力なモデルです。色もバイクとあっていて、かっこいいです。コグも11-28Tということで、「来年は上るでぇ〜」とのことでした。伊吹山は出場が確定しているので、次はMt.富士に当選しないといけませんね。Mt.富士なら、ロー28Tはいらんかもしれんけど(^^)

「今まで履いていた、ホイール履いてみる?」とのありがたいお話があったので、貸していただくことに、今までのホイールというのが、SHIMANO WH-7850SL。Dura-Aceの初代チューブレスです。タイアはユッチンソンのFUSION2。早速、貸していただいて履いてみたのが、この写真

Img_0713

色もあっていて、借り物だけど、なかなか似合っているのではないかと。
空気圧は6bar程度にセットしてみました。走ってみると、メチャクチャいいです。転がり抵抗の少なさは圧倒的。空気が6barしか入っていないとは思えません。今までBS EXTENZA の転がり抵抗が小さいと思っていましたが、レベルが違うという感じ。空気圧が低いので細かい振動も拾わなくて乗り心地も良いのですが、乗り心地の良さよりも、その進み方に感動てす。「こんなええのんあるんやったら、キシリウムいらんのとちゃんうん」と失礼な発言をしながら、奈良に向かいます。

走り始めるとすぐに、木津川の流れ橋。もう架け替わって時間も経ちエージングが進み、風景に馴染んで来たと思います。これで時代劇の撮影もOKですね。

Img_0717

その後の木津川サイクリングロードは向かい風。スピードはかわらないのに、心拍だけはどんどんあがっていきます。風が止むと件のホイール・タイアの威力でよく進むのですが、風が強くなるとたまりません。木津川のサイクリングロードでインナー使ったのは初めてというぐらいの向かい風。

苦労しながら南下していくと、奈良の方は雲に覆われてこんな様子。京都は風は強いものの良い天気なのに、どう見てもあっちは天気悪いよなぁ・・と。

Img_0722

昔、会社にいたS 木君ほど、地理に関する野生の勘が無いので、何度もiPhoneでGoogleMapを確認しながら、まんま亭に到着。

Img_0719

お店には自転車とラテン車関係のいろんなものが。

Img_0721

チキンカレーをいただいたのですが、食べるのに一生懸命で写真を撮るということを思い出したのは、こんなことになってから(^^; おいしかったです。カレーもさることながら、コーヒーもおいしかったです。それと、青唐辛子でしたっけ、@manma_mamaさんの説明のとおり辛かったです(^^)

で、@manma3と、自転車談義に花が咲き、楽しい時間を過ごすことができました。帰る時間になっても外は雪。走り出すとすぐに下りなのが、寒さを倍増させてくれました。帰りは以前、参加させてもらった飛鳥までのサイクリングで通ったルートを帰ろうということで、そっちを帰りました。

どういうわけか、帰りも向かい風。なんでやねんと思いながら、三川合流につく頃には、十分疲れ果ててており、自宅から自走しなくて良かったと思いながら、サイクリングを終えました。

サイクリングの行程は、こんな感じでした。

久しぶりに一緒に走ってもらった上にホイールまで貸してもらった、@imoclx さん、@manma3、@manma_mama さん、みなさんありがとうございました。

|

« 12-21T | Main | ブレーキシュー交換 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 木津川〜奈良へ:

« 12-21T | Main | ブレーキシュー交換 »