« スポーク | Main | 木津川〜奈良へ »

12-21T

いつもクロスバイクのスプロケットがワイドレシオ過ぎるのではと書いていたのですが、最近、自分のちんたらした走りでは、どれぐらいのギアが最適なのか計算してみたら、元々のギアの方がよかったかもという結果になり、がっかりでした。

元々、奥さん用のTREK 7.3FX。フロントギアは48-34-24Tで、スプロケットは12-32Tの8Sがついています。例えば24T×32Tなんて組み合わせは使わんやろうということで、OCRで使っていた12-21Tのスプロケットに交換して乗っていました。組み合わせは12,13,14,15,16,17,19,21ですから、最近の10Sのコンポがついているロードの完成車のギアから23Tと25Tをとったようなものです。

で、最近のちんたらぶりからいうと、大体、平均速度20km/hぐらい。タイアが700×25Cなので、周長は2105mm程度。ケイデンスを90rpmとすると。フロントがアウターだと、リアは27Tでないといけない計算に。90×48/27×2.105×60/1,000 = 20.2km/hちゅうことですね。
フロントをミドルで、リアは19Tだと、90×34/19×2.105×60/1,000 = 20.3km/h。

ということで、クロスレシオにするのはそれで良いけど、私の脚だとフロントはミドルに入れとけということが発覚。かなり恥ずかしいですが、90rpmでまわして、もう少し平均速度があがるように頑張る所存です。はい。

|

« スポーク | Main | 木津川〜奈良へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 12-21T:

« スポーク | Main | 木津川〜奈良へ »