« December 2009 | Main | February 2010 »

January 2010

HDR

HDR--ハイダイナミックレンジ合成。くまさんがお得意の写真の技法で、すごいなぁと見ていただけでした。プロが使う技法でソフトもそれなりに高価なんだろうと思い込んでいたのもその理由の一つでした。

作品としての値打ちを高めるのに使える技法ではあるのですが、下の写真のようなシチュエーションでも役にたつとは考えていました。
4278032661_4d264c2f16


何気なく、ググッてみると7,980円でiPhoto対応のソフトが出ているじゃありませんか(^^) 急にHDRしたい熱が高まってきました。HDRというのは、露出の異なる写真を合成して、ダイナミックレンジを広げる手法なので、当然、同じ画角で露出が違う写真を撮っておかないと話になりません。一眼レフカメラにはたいていついているブラケティング機能を使えば簡単に撮ることができるのですが、いつもデジイチを持ち歩いているわけでなし。

で、コンパクトカメラでブラケット撮影できるのが欲しいぞと。くまさんによるとGX100/200はブラケティングはできるというものの、その幅が1/3段程度でHDRには向かないと。少し前からブラケティングとは関係なくPowerShot S90が良さそうな気もしていたのですが、どうもブラケティングそのものができそうにありません。

念のためと思って、自分のカメラDMC-LX2のスペックを調べてみると、-1〜 +1の幅でブラケティングできるとのこと! 灯台もと暗しとはこのです。でも、RAWデータで記録しようとするとブラケティングはできない仕様だそうです。多分、撮影データの記録に時間がかかるので、手持ちでのブラケティングができないからかなと推察しています。

とりあえず、ブラケティングして撮ったものをここにおいときますので、後は熊さんがHDRの見本を見せてくださると期待しています:D って、安いからソフト買うのと違うんか>自分

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MAVIC OpenPro







P1040584.JPG


Originally uploaded by takpa


忙中閑ありで、少しサイクリングです。



最近乗れていないので、バイクは少しでも軽い方が良いと思いMadoneを持ち出しました。



少し変化をつけるために、Bontrager Race LiteからOpen ProにUltegraハブで組んだ手組ホイールです。タイアはBS Extenza RR/2 。要はCannondale R90に履いているホイール・タイアをもってきただけです。



以前も試してみた組み合わせではあり、その時はホイールを変えても、乗った印象はあまり変わらなかったというのが、今回はどんな感じかちょっと楽しみです。



出発前にEye-FiとNetwalkerで書いていますが、コンタクトをするとZNetwalkerの文字が小さすぎて、何が書いてあるのか確認できないという情けない状態です・・・誤字脱字ご容赦ください

| | Comments (0) | TrackBack (1)

なんちゃら虫







P1040579.JPG


Originally uploaded by takpa


木をたべながら、うしろにはウンチを残していく虫の仕業だそうです。なんていう虫なのか、名前も教えてもらったのに忘れてしまいました(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dahon Helios SL

機会があって、Dahon Helios SLに少しふれることができました。
@ws_biwa に乗ってこられた方のものです。
P1040576

折りたたんだ状態がこれ。

P1040577

組み立てるとこうなります。

写真では伝えることができませんが、圧倒的な軽さとフォールディングのしやすさに驚きます。
自転車の重さは8.3kg。自分自身のCannondale R900とほぼ同じ重さなので、もった感覚は同じはずなのですが、「フォールディングバイクは重いもの」という先入観があるためか、もった瞬間おどろきます。体感的にはMadoneと同じ軽さかそれ以上に軽いように感じました。

それとオーナーご自身がおりたたんだ状態から走れる状態に、もう一度下りたたむところまでやって見せていただいたのですが、あっと言う間です。ご本人が慣れておられることもあるのでしょうが、開始個のKHS やGIANT のバイクをたたむのとは雲泥の差。

これらなら輪行するのも簡単だと納得したしだい。

走った訳ではないので、なんともいえませんが、またがらせてもらった感じでは、ホイールベースが普通のバイクなみにある感じで、安定性も高そうだし、オーナーもそう仰っていました。

値段は普通の人の感覚では理解できないような値段ですが、その値打ちは十分あると理解しました。
いいもの見せてもらいありがとうこざいました。> S さん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TREK 7.3FXにて







P1040520.JPG


Originally uploaded by takpa


駅までの通勤に、奥さんのTREK 7.3FXを借りてみました。



昨年末の一条アルチメイトファクトリーのゆっくりツーリングに参加した時の仕様からフロントホイールを元のSHIMANO WH-R540に戻した状態です。スプロケットはこの写真では判別できないほど小さい12-21Tです。ペダルはPD-M535だったと思いますが、MTB用の片面ビンディングペダル。



昨日のなんちゃってアンカー号と違って、快適かつ安楽に走ってくれました。やはり、こういう用途にはクロスバイクは抜群に向いているなと実感しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Ferrari







P1040517.JPG


Originally uploaded by takpa


何度か一緒にサイクリングしたことがあるYさんが、RRのタイア・ホイールをくださるとのことで、取りに伺ってきました。



ご自宅のガレージにあるのは、328GTB。フェラーリは私には一生買うことのできない車なので、何を言っても仕方がないかもしれませんが、モダーンフェラーリの中でもこの328は奇麗だと思います。



雨の日に走ったことがないほど、大事にされているとのことで、ほんとにきれいでした。他にはDefender 110も持っておられるとのことで、理想の組み合わですね。



いずれにしても、タイア・ホイールありがとうございました > Yさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ANCHOR







P1040511.JPG


Originally uploaded by takpa


と言っても、シールだけです。

たっくんのバイクの鍵がなくなってしまい、吹田の一条サイクルセンターさんで鍵を交換してもらいました。



せっかくなので、帰りはアルチメイトファクトリー箕面さんにもお邪魔してきました。 ダウンチューブ(というのかな?)に、EXTENZAとANCHORのシールを貼ったBSのママチャリです。それでもe-metersはついていまして、本日の走行距離は12km(^^)



下りでは40km/hでましたが、ケイデンスは多分100rpmを超えていたとおもいます。



この なんちゃってANCHOR号とは関係ありあせんが、立ち寄った箕面の一条アルチメイトファクトリーには、EQUIOX9.0がデモで置いてありました。単一目的のバイクは美しいですね。美しいけど90万円もしてましたけど(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wheel

I君のDura-Aceのホイールを履いたCLXに乗せてもらったのがきっかけで、正月中に妄想していたMadone用のホイール

今年こそ、Mt.富士で90分を切るための飛び道具を検討中です。

Madonに似合う軽いホイールと言えば、Bontarger XXX Lite。チューブラーなら1200gを切る軽さ。問題は30万円もすること。金に糸目はつけないということなら、Lightweightのホイールもあるけど50万円もするんではねぇ・・・

値段で勝負ならEASTONのEA90SLX。Wiggleで買えば69,800円(日本の定価が12万円ほどなので驚きの価格)。ただ、これはコグがCS7900専用とのこと。そうするとヒルクライム向きと考えているジュニア用の14-25Tや16-27Tをつけることができないという問題が生じます。

B/Cだけを考えると、シマノのDura-Aceのシリーズはどれも良さそうだけど、知り合いにも履いている人が多いしなぁと。

で、残ったのがMAVIC R-SYS。今年モデルのR-SYS SLなら1300gを切る軽さ。ただ、これも値段が22万円。かつ、オールマイティとメーカーは言うものの、上り専用ホイールの感が。1年間で3回ほどのヒルクライムのために、この値段を出すのもどうかなと。それと、耐久性。R-SYSは一度リコールされたことがあり、未対策の製品では、スポークに衝撃を与える(ペダルレンチがあたった程度の衝撃)と、スポークが壊れた竹刀のようになってしまったそうです。ユニダイレクションのカーボンスポークならでは現象で、現在はその周りを束ねるようにカーボンを巻いているそうで、そんな壊れ方はしないそうですが、扱いはそれなりに慎重にする必要があるとのことで、例えば車に積む時は、バイクからはずしてホイールバッグに入れるぐらい大事にして下さいとのこと。

結局、ホイールに頼るよりも、自分の筋力と心肺機能を鍛える方が良さそうという結論になってしまうかもしれませんが、当分、妄想を膨らませて楽しんでおきます(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年から・・

去年までは本家のサイト
http://www.ncc1701.sytes.net/blog/
にtwitterのまとめを載せていたのですが、サイトからもリンクしてある
http://twilog.org/takpa/をご覧いただければ良いことだし、このNiftyのサイドバーにもtwitterを貼ることができたし、そもそも、まとめて見ていただいてそれほど役に立つようなつぶやきでもないこともあるので、わざわざまとめるのは止めました。つぶやきのまとめをのせなくても、それなりにブログが更新できれば良いのですが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

EXTENZA







DSCN4367


Originally uploaded by takpa


新年早々、「昨年の」っていうのもどうかと思いますが、昨年、感動したものの一つ。感動というとぴったりきませんが、お気に入りです。

Bridgestone Extenza RR2。ブリヂストンの自転車用タイア。RR1というレース用とRR2というロングライド用のタイアが同時にリリースされましたが、私が使ってみたのはRR2。ロングライド用なので、エアボリュームがある方がさらに良いかと、サイズは25Cです。



第一印象はころがり抵抗が小さいこと。ホイールの性能もあるのかもしれませんが、本当によく転ってくれるので、ありがたいです。

これで耐久性があれば言うことなしです。Panaracerのタイアも決して悪くはないと思うのですが、1年ほど使うとトレッドの摩耗よりも先にひび割れが生じて、安心して使うことができなくなったのが、ちょっとね。というところでした。このタイアはすでに1ヶ月ほど使っていますが、今後どれくらい使えるかが課題です。



タイアと言えば、年末に少しだけ乗せてもらった、I君のチューブレス。シマノのWH-7850SL+HUTCHINSON FUSION2 抜群の乗り心地でした。こんなに乗り心地が良いなら、WH-6700を買ってみようかと思うほどでした。で、中途半端なホイールのラインアップが充実してしまうかも(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »